こんにちは!発達障害児お悩み相談カウンセラーのfujimamaです。

発達障害児の子育てを乗り切るのに欠かせないもの。子どもの発達、または精神の状態、今の状況改善に欠かせないものがあります。

ブログでも書いているお話しです。

すごくシンプルですがやっぱりこれが欠かせません。

今はパワフルなfujimamaですが、精神的にヤバイ時期はそりゃあしんどかったです。

子育てとは、これほどまでに我慢をするものなのか?

子どもの為とはいえ、これがずっと続くのか。

次女の赤ちゃんから4年間ずっと続いた夜中の授乳、度重なる姉妹の癇癪、そして自傷行為、偏食、感覚過敏で服を着ない時期、長女の夜驚、車での癇癪パニック騒動、障害受容など、、もう心身共にどんどん精神がすり減っていました。身体も疲れきっていました。

毎日エンドレスの泣き声と癇癪のカオス、外に出たらどこで癇癪がおこるかわからない。日々、何の為にこの苦行を耐えるのかわからず、子ども一人ちゃんと育てられないダメな母だと自分を責めていました。

発達障害児の子育ては通常の子育て以上に上手くいかない、、失敗を重ねて自己肯定感も下がりに下がっていました。

外では元気を装っていましたが、きっとバレてる人にはバレていたと思います。

まぁ、そんな精神状態で、子どもの発達や精神にいい影響を与えられるわけないですよね。

そこからどんどん立ち直ったfujimamaですが、周りの協力なくして今はありません。

保健センター、療育の先生、職場の人、保育園の先生方、旦那さん、友達、両親、子ども達。

色々な人の力を借りて元気を取り戻しております。

余裕や元気がでてくると、子育てにも余裕が生まれて、楽しい事。笑う事も増えてきます。

ママが笑うと子どもが笑う。(パパも同じ)そう子どもの発達と精神状態改善に欠かせないものは、ママ(パパ)の元気と笑顔です。

本当にそうなんですよね。元気で精神的に余裕があると少しの事では動じません。

笑って流せてしまうんですよね。でも余裕がないと、、分かりますよね。

子どもは敏感です。ママが不安だと不安が伝わっていたのかもしれません。

小さい子どもの世界はママを中心に動いています。ママが動くと子どもは動く。

そう、療育や習い事だってママが元気がないと行動する気がないと始まりません。毎日イライラ、疲れが溜まった状態では何もプラスにならないんです。

今悩んでいるママ、パパ。子どもに経験をさせたくても、外に出る元気がないと親子で閉じこもってしまう。

ママが元気がない、でも外にも出られないし、どうしよう。もう笑えない。協力してもらえそうな人もいない。誰にも頼れない。

そんな時にはカウンセリング

そういう時こそカウンセラーの出番です。一人で悩まないで下さい。

まず自分と向き合う為に、誰かに話してみませんか、一つずつ不安を吐き出してみて心を軽くしていきましょう。

私fujimamaは発達障害時の子育てをしているからこそ、より深く寄り添い、心の整理のサポートを致します。

またカウンセリングだけではなく、発達支援の側面からも助言サポート致します。「優しい支援」を提供致します。

ママの元気と笑顔を取り戻すお手伝いを致します。お気軽にご相談下さい。

↓カウンセリング内容について


◇fujimama無料カウンセリング受付中
counseling MENU Click here↑
よくあるご相談・カウンセリングについて。

枚方市在住発達障害児お悩み相談カウンセラーfujimamaが、心の整理のお手伝いをさせて頂きます。発達の悩みや相談も受け付けております。カウンセリングの事もお気軽にお問い合わせ下さい。

心が疲れた時に読んでみて下さい。↓
スポンサーリンク