就学先決定しました。

こんにちは!発達障害児お悩み相談カウンセラーのfujimamaです。

15日に、次女の就学先を決定しました。

支援学級、支援学校、散々悩み抜きました。

小学校に見学に行ったり、療育先に相談したり、色々な人から意見を頂きましたが、就学先は支援学校にしました。

プラス要素がマイナス要素を超えてこなかった。

次女の発達年齢は今2歳7ヶ月。これはこの間、家庭センターでの発達検査での結果。

通常級では、基本的に発達年齢は、歳相応。

また支援学級にはばらつきがあるものの、グレータイプから、軽度が多いという事。

支援学級のプラス要素は、発達の促進の部分。支援級に入り、周りの子の刺激を受ける事で、伸びるんではないか?という事?

また集団で社会性を学んで欲しい。そういうプラス要素がある。

あと、次女はランドセルが好き😊ランドセル姿を見たいなぁ。背負わせてあげたいなぁ。という事。

マイナス要素は次女は中度知的障害があるので、そのくらいの障害がある子を受け持った事が無い先生が多いという事。加えて新人の先生がこれから先次女を受け持つ可能性もあるという事。

この時点で次女の性格を色々考えると、先生によっては手に負えない。(人によってだいぶ態度変わる。)

また次女は、授業についていけるのだろうか?もし、ついていけない場合、それが次女の自己肯定感を下げる事になるのでは、、という不安。

今は周りとの差を感じられなくても、負けず嫌いの次女が周りとの差を感じてしまうのでは?取り出し授業は基本2教科。理科、社会、音楽、体育などの教科は取り出しは基本的にできない。

付き添いも私の地域では基本的には低学年までだという事実。←これがマイナス要素。

周りが何か難しい事を言っている、、わからない状態で、一人付き添いもいないまま違う事をする。(お絵描き、パズルなど、)正直これは心配。😅

全体の中でいる事が大事と言う人もいるかもしれない。でも役割も与えられず、付き添いもいない中、一人違う事をするなら、それはもう全体の一部なのか?支援級とは?集団教育とは?という私の中の疑問。それも拭えなかった。

次女のお友達も地域にはいなく。一人からのスタートという事。

地域の小学校の印象が私の信頼している療育先からの印象があまり良くないのも大きかった。

プラス要素がマイナス要素を超えなかった。

家族のバランスを考えた。

長女が次女をとても気にしている。

「〇〇ちゃんは障がいの学校に行ってほしい。恥ずかしいもん!」と本音をポロリ。

うちは年子で、次女と長女が同じ学校になると5年間は一緒だ。長女が次女を恥ずかしいと思う気持ち。それを否定する気はない。

母としても、スーパーや百均で癇癪を起こし、順番を待てない。また、道端で大声で癇癪、暴れ回る次女を無理矢理連れ帰るなど、、様々な困難に直面してきた。

誰よりも長女は私と一緒に行動していた。私と一緒に逃げたい気持ち、恥ずかしさを我慢してずっとずっと耐えてくれた。

「恥ずかしい気持ち。」その気持ちを持つことは一見悪い事のように思われるけど、私は悪い事とは思わない。

悪い事と叱るのではなく。それは私も持っている気持ちだ。「そっかそういう気持ちかー、よく我慢したね。」と言ってあげたい。

長女が次女を嫌いじゃないのはわかる。家でも仲良しな姉妹。「嫌い」と言っていてもやっぱり近づいていく。「恥ずかしい」=「嫌い」ではない。

家の中で見せる姿と、外で見せる姿を使い分けているんだろうな。と思っている。支援級になると5年間長女はまた我慢する事になる。

学校見学に行った時、次女と長女が会わないように、と先生方にお願いしていた。でも、伝わっていなかったのかやっぱり校内で会ってしまった。

会う事がないなら一緒の学校でもいいのかな?と行きは次女を送迎し、長女は集団登校させて行こうと思っていたが、やっぱり会わないわけがない。そりゃ会うよね。

そうなると長女の集中を欠く事になり、今調子よく学校に行っている長女のペースを乱してしまう不安がつきまとう。

次女は見学の時、教室を見て回り、家庭科室で高学年がミシンをしていたのを見て、私も〜。とスイッチが入ってしまい。「服を作りたい。」となって支援学級の見学どころではなくなってしまった。

わたしと先生は振り回されるばかり、、笑

うん。ちょっと、、。ミシンがやりたい次女には悪いけど、、自由すぎる。

今回の就学は次女の事のようで、次女だけの事ではない。長女の事が絡んでくる。余りに自由すぎるので、先生苦笑い。「、、これは難しいかも。」普通にそう思った。

宿題も長女は頑張って今やっている。でも、次女は宿題をやりたくない時は「やらなーい。」と自由だろう。

私にそこまでの次女の操縦能力はきっとない。

それを見て、長女はどう思うか?「〇〇だけずるい。」きっとこうなる。

家族はバランスが大事。

私は子ども達がどちらも楽しく学校生活を送ってほしいと思っている。そのバランスを保つには、別々の学校に通う。それがBest。という結論に至った。

私と主人で相談して最後は二人で決めた。

進むしかない。

この選択が正解かどうかなんてわからない。

決めたなら前を向いて進むしかない。小学校に未練がないと言えば嘘になるが、私達家族はこれできっといい。ランドセルを支援学校に持っていってはならないなんて事もない。ランドセルで行きたいなら持っていかそうと思う😊

あと、親として出来る事は、つまづいた時に、乗り越えていけるような環境を作る事だと思う。

学校以外の居場所作りや、自分を認めてもらえる場所や人を一つでも、二つでも作れるように、沢山の事を経験させてあげたい。

今悩んでいる方も、自分が悩み抜いた答えなら。それがきっと正解。

相談に乗ってもらった友達、また療育の先生、支援センターの先生、両親ありがとう😊

◇fujimama無料カウンセリング受付中
counseling MENU Click here↑

発達障害児のママ、パパのメンタルサポートと子どもの発達サポート両方から支援致します。

よくあるご相談・カウンセリングについて。

枚方市在住発達障害児お悩み相談カウンセラーfujimamaが、心の整理のお手伝いをさせて頂きます。発達の悩みや相談も受け付けております。カウンセリングの事もお気軽にお問い合わせ下さい。

心が疲れた時に読んでみて下さい。↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA