発達あるある〜勝ち負けのこだわり

こんにちは!発達障害児お悩み相談カウンセラーのfujimamaです。

今日は勝ち負けへのこだわりです。

面倒臭いっていったらあれですが、負けるとまぁ面倒臭い。

よく、ジャンケンだったり、かけっこだったり、日常には勝ち負けや、順番事が溢れています。

うちの長女は勝負事や負ける事が嫌いです。 

負ける事は我慢ならない。

長女は勝負事に負けるのが我慢なりません。これは、、私の遺伝子が色濃く受け継がれているかもしれません。

よく家族や兄弟でトランプなどで負けては悔しくて泣いていました。よく言えば負けず嫌い。内弁慶だった為、家族以外の前ではあまり発動しませんでしたが、負ける事は大嫌いな子どもでした。

ただ、私は勝負事が嫌いではありませんでした。それほど不器用ではありませんでしたし、やればできる!という自己効力感があった為。色々と挑戦できたからです。

でも、発達障害がある長女は不器用です。きっと負ける事も失敗も多い。それが嫌で挑戦できない。

勝ちにこだわる、もしくは負けるのが嫌な為に、勝負事や挑戦する事に躊躇してしまいます。

勝てると思う勝負は挑む

家では勝てると思う勝負に挑みます。笑

外では、基本勝負事は受けないスタンスです。

今日も次女とパズルバトルを2人でしておりました。

しかも長女45ピースVS次女60ピース

え、長女の方が少ないやん。。笑

という風な構図。次女にハンデを貰っている。それでも勝ちたいんです。

見事に勝利していました!!🤣

こちらは勝ってくれてホッとしました😳めちゃくちゃ泣いて怒るので、、。

妹との勝負は勝てる率も高いので、最近よく勝負しています。スローステップで勝負に慣れていって自信をつけて欲しいと思っています。

ADHDの特性、衝動性の高さからくる・感情のコントロールが苦手。

長女は普段静かな方ですが、やはり感情のコントロールが苦手です。

怒りのスイッチが入ったり、悲しみのスイッチや不安スイッチが入るとブレーキが弱くて、止まる事ができません。

次女も衝動性が高いですが、まだ勝ち負けへのこだわりは発動していないです。今日もマイペースに黙々とパズルを完成させました😊このまま、勝ち負けのこだわりが出る事なく成長しないかなー。なんて淡い期待を抱いています。

↓お申し込み・お問い合わせ

一度スイッチが入ると癇癪になったり、結構長くて大変なのですが、勝負事には慣れる事が大事。最近はどんどん勝負を持ちかけています。

ADHDの傾向、衝動性に関しては年齢が上がるにつれて落ち着いてくる事が多いので、場数を踏ませていきたいと思っています。

勝っても負けてもその結果より、過程が大事。

勝つ事も、負ける事もどちらも経験する事で、成長するにつれて、勝っても負けてもその結果じゃなくて過程が大事。どんどん勝ち負けを経験する事で、その事に気づいて欲しいと思います。

今はまだ、その道を頑張るとか全力でやり切るとかそういうのが不確かなくらい幼いですが、自分が本気の時ほど勝負で負ける時は悔しくて辛いものです。そういう時にも、辛くても立ち上がっていける強さが欲しい。

結果じゃなく、過程に注目して、自分の事を褒めてあげられたり、また、自分の欠点を認められるようになって次に頑張ろうと思えるようになって欲しいと思っています。

勝ち負けへのこだわりは悪い事ではない。

負けたら悔しい。勝ったら嬉しい。それは基本的にある感情です。

できたら嬉しい。できないと悔しい。それと一緒です。

勝つ事だけに執着する事はいい事とは言えませんが、できるようになりたい。勝ちたい。と思う気持ちで人は自分を高めようと思える。

大切な気持ちです。それも自分。それもその子の個性です。ゆっくり勝負事に慣れて、自分の感情に少しずつブレーキをかける術を身につけていって欲しい。そう思っています。

喧嘩や癇癪は減って欲しいですが、、。(切実)


◇fujimama無料カウンセリング受付中
counseling MENU Click here↑
よくあるご相談・カウンセリングについて。

友達追加で公式LINEアカウントからのお問い合わせは↓

枚方市在住発達障害児お悩み相談カウンセラーfujimamaが、心の整理のお手伝いをさせて頂きます。発達の悩みや相談も受け付けております。カウンセリングの事もお気軽にお問い合わせ下さい。

スポンサーリンク

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA