優しい支援の輪を作りたい。

こんにちは!発達障害児お悩み相談カウンセラーのfujimamaです。

発達障害児の子育てをしていると正直なところ人に迷惑な事をしてしまう。もしくは迷惑と思われているであろう。

という事が多いです。

困っている人に手を差し伸べましょう。そう日本の教育で教わって来たのにも関わらず、あまり日常で困っていても助けられた事はありません。

遠まきに見られているか、ヒソヒソ話しをしているか。さーっとどこかに行ってしまう。我関せずなスタイルの方が本当に多いです。

多分勇気がなくて助けるのを躊躇してしまう人が大半だと思います。確かに知らない人に声を掛けるのは勇気がいる事です。

その中で、助けられた時の事が記憶に残っています。まだ次女が抱っこ紐、1歳半くらいの時、長女がこだわりが強かった時の事です。

バスでぎゃーぎゃー泣く長女。いつもの席が空いてなかった。

あまりに泣くので、周りから見られ、視線に耐えきれなさそうで、もうバス降りて歩いて帰ろうと思った時です。一人のおばあちゃんが、「大丈夫?お母さん一人で大変やねぇ。あら可愛い💕もうすぐ着くよー。」

と声を掛けてくれて寄り添って子どもに話しかけてくれました。

次第に長女は落ち着き、泣き止みました。

この時、思わず感動し涙が溢れそうになりました。「あ、こんな優しい人もいるんだ。」と本当に安堵しました。

あの方の優しさに救われました。

あの時から、困ってそうな人を見かけると手が届く範囲で声を掛けるように心掛けています。

あんなおばあちゃんになりたいなぁ。と思います。

より優しい支援の輪を作っていきたい。その一歩が困っている人に声を掛ける事。

カウンセリングを通じても、今ここで困っている。本当に支援が必要な人に細やかに届けられる支援の形を作っていきたい。

優しい支援の輪。が自然と出来ていく。発達障害児の子育てに関わらず、そんな世の中になればいいな。と思っています。


◇fujimama無料カウンセリング受付中
counseling MENU Click here↑
よくあるご相談・カウンセリングについて。

友達追加で公式LINEアカウントからのお問い合わせは↓

枚方市在住発達障害児お悩み相談カウンセラーfujimamaが、心の整理のお手伝いをさせて頂きます。発達の悩みや相談も受け付けております。カウンセリングの事もお気軽にお問い合わせ下さい。

スポンサーリンク

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA