リアルごっこ遊び。

こんにちは!発達障害児お悩み相談カウンセラーのfujimamaです。

最近次女のリアルごっこ遊びに磨きがかかってきています。

見ていて面白いのが人形(メルちゃんレミンandソランちゃん)などを一人で二役するんです。

人形が二つある時は一人で三役しています。笑

発達障害児は他者目線で考えることが苦手なんですが、他者と自分が違う事が分かってる証拠なんだそうです。

例えば、自分の声と人形の声を使い分ける。

うちの子人形で喋る時、声を高くしたり、低くしたり、明らかに声色を変えています。笑

他者と自分は違う。そう分けて考える事ができている。という事ですね。

人形を使ったリアルごっこ遊びには他者目線で考える事ができる。

相手の気持ちを考えてみるきっかけになる。

そういう一面があるので、自閉スペクトラム症の苦手とされる。社会性スキルを育むのにいい遊びです。

親が後ろから「それメルちゃん痛いんじゃない」とか、メルちゃんの気持ちを代弁してあげると、「あ、これはしてはいけないこと。」などが少しずつわかってきます。

他者目線に立つ。他者の気持ちを考える。

自閉スペクトラム症のある発達障害児にとって、人形を使ったリアルごっこ遊び

結構オススメです。

見ているこっちも楽しいですよ^ ^

発達障害児の子育て中の方、お子様が人形好きな方など、是非やってみて下さい。


◇fujimama無料カウンセリング受付中
counseling MENU Click here↑
よくあるご相談・カウンセリングについて。

友達追加で公式LINEアカウントからのお問い合わせは↓

枚方市在住発達障害児お悩み相談カウンセラーfujimamaが、心の整理のお手伝いをさせて頂きます。発達の悩みや相談も受け付けております。カウンセリングの事もお気軽にお問い合わせ下さい。

スポンサーリンク

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA