発達障害児の子育て。〜相談支援の大切さ。

こんにちは!発達障害児お悩み相談カウンセラーのfujimamaです。

先日地域の発達支援センターに通っている次女の就学相談をしてきたんですが、、

そのあと、相談支援の方が現れてモニタリングをしてもらい、後期の支援計画を立てる為の相談をしていました。

いやいや、相談支援って大切だなぁ。と改めて思いました。

子どもの状態に合わせて今の療育の計画でいいか聞く事が出来て、うちは子どもが二人いるので、たまに2人の支援がごっちゃになりがちなんですが、

それをキチンと整理する事ができ、私の子ども達は共に三つ〜四つの事業所を使っているので、今のカスタマイズでいいかどうかアドバイスしてもらえます。

悩みなんかも言っても大丈夫👌すごく親身に聞いてくれます^ ^(これはその人によるのか?)

ついでに療育先を増やしたり変更を考えていたりする場合、いい事業所さんがないかこっそり(人にもよるかも)聞けちゃったりするんです。

これ、これかなりラッキーなこと。相談支援の先生、色んなお母さんから情報得てますからね。めっちゃ知ってます!

うちの地域の枚方市では発達障害のある子が入れる、ひらかた市立の子ども発達支援センターがあります。

そこに通うことで、相談支援は自動的に入るようになっています。

そしてびっくりしたのはここからです。その相談支援、なんと18歳まで継続できるらしいんです!!

私はてっきり就学前までかと思っていて、知りませんでした。

相談支援の先生も「みんなあまり知らないんで、びっくりされるんですよね。」て話しでした。

うちは今まで次女しか相談支援を受けていなかったので、長女も受けられますか?と聞いたら、、

契約すれば、受けられるとの事!!!

やったー😊いや、本当助かります。中学生になったり、高校生になったりする時、療育や支援はどのように変化するのか、、

未知の領域。

それを相談して頼れる人がいるのは心強い限り😊

ちなみにこの制度は枚方市に子ども発達支援センターが新しくできた約3年前から人知れず、うまれたらしいです!!

いやいや、もっと大声で言おうよ!

忙しいんですかね。そうですよね。やっぱり、受給者証があれば無料で受けられる制度なので、少しずつひろまるくらいがちょうどいいのかもしれません。

今や自閉スペクトラム児は100人につき、2〜3人は産まれるといわれています。その他の発達障害をいれるとその数字はもっと膨れ上がります。

そりゃ、相談の人手も足りないと思うよね。

相談支援の方いつもありがとうございます。

発達障害児の子育てでは相談支援大切です。お住まいの自治体にあるのなら是非活用するのをお勧めします。

そしたら枚方市のように18歳まで相談支援してくれる!、なんて事もあるかもしれませんよ^ ^

◇fujimama無料カウンセリング受付中
counseling MENU Click here↑
よくあるご相談・カウンセリングについて。

友達追加で公式LINEアカウントからのお問い合わせは↓

枚方市在住発達障害児お悩み相談カウンセラーfujimamaが、心の整理のお手伝いをさせて頂きます。発達の悩みや相談も受け付けております。カウンセリングの事もお気軽にお問い合わせ下さい。


スポンサーリンク

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA